ポリシー

Policy

平成18年 ご挨拶

 早いもので、私も平成十四年十一月に当選させていただいた時より四年を数え、いよいよ新たなる挑戦の時期を迎えることになりました。緊張感張り詰める中、本会議に初登壇したことを今でも昨日のように思い出します。爾来、定例会における発言できる全ての機会において、質問および意見の表明をしてまいりました。そして、予算委員会や決算委員会にも所属会派の計らいもあり、全てに参加する機会に恵まれることができました。お蔭様で新人議員として貴重な体験を数多くさせていただいたと自覚しております。
私なりに考えますと、市議会議員におけるその資質とは、地元や地域住民のご意見、ご要望をその代弁者として行政に対し問題提起をし、その解決や改善に努めることはもちろん、松戸市全体としての方向性の決定や財政、政策に積極的に関わり、物申せる姿勢を保ち続けることが重要であろうと考えております。そして、微力ながらその使命の一部は実践できたものと自負しております。もとより、その資質の有無は、有権者である市民の皆様が選挙によって判断されることであることは充分に理解しているところであります。初めての選挙の際に、私は四年後に皆様からのその行動に対する通信簿をいただくと申し上げてまいりました。正に本年、その通知をいただく時を迎え、あらためて身が引き締まる思いでございます。
残された在職期間に全力を傾注するとともに、引き続き松戸市政に積極的に参画してまいる所存でございますので、皆様の旧に変わらぬご支援、ご協力をお願い申し上げまして、一言ご挨拶とさせていただきます。
最後になりますが、皆様の益々のご活躍とご多幸をご祈念申し上げます。

平成18年7月吉日
大井 ちとし